赤ちゃんのUV対策ってどうされていますか??

我が家は、毎日お兄ちゃんの幼稚園の送り迎えで、往復30分の道のりを、下の子をベビーカーに乗せて歩いています。特に、お迎えの時間は日差しがとても強い時間帯で、赤ちゃんの日焼けがとても気になっていました。

夏は暑いので、靴下もはかせていないし、サンダルに短いパンツですから、紫外線に当たる部分も自然と多くなりますよね。ベビーカーに日よけはついていますが、それで身体全体をおおえるわけではないので、足のあたりは常に日があたっている状態になってしまいます。
一応膝にバスタオルをかけたりしてみたのですが、やはり熱がこもるのか子供が取ってしまい、なかなか対策ができない状態。

どうしたらいいのか迷い、かかりつけの皮膚科で聞いてみたところ、赤ちゃんは特に、まだ肌が弱いので、紫外線に当てすぎるのは良くないとのこと。やはりしっかりUV対策をした方がいいといわれてしまいました。最近では、赤ちゃんの日光浴もあまり推進されていないそうです。

調べてみるとベビーカーごと包んでくれるような日よけカバーからUV効果のある服など様々な対策グッズがあるようです。
我が家では、検討した結果、UVカットブランケットという薄手で風通しがいいのに、紫外線をカットしてくれるブランケットを膝にかけてやり、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってやるという対策をすることにしました。ブランケットは、車の中の日よけにも役立ってくれています。
我が家のUV対策、参考にしていただければと思います。
皮膚科 日焼け止め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です