今日、友人から電話がありました。

数か月に一度ぐらい、大した話題でもないんだけど、お互いの近況や、
共通の趣味である絵画の話などで1時間ぐらいお喋りします。
直接会ってお喋りできればよいのですが、彼女の嫁ぎ先は九州…

さすがにめったに会えません。

仲間内のなかでも一番結婚が早かった彼女のお子さんは17歳と15歳、
二人ともお嬢さんです。

うわー、もう二人とも高校生なのかぁ、最近の子はメイクとかお洋服とか、
もうけっこうすごいんじゃないの? と聞いてみたら、なんとビックリ、
上のお嬢さんがこの間二重瞼にプチ整形したんですって!

高校生ではちょっと早いんじゃないのかなって思いましたが、彼女自身が
子供のころから一重瞼がイヤで数年前に施術していたんだそうで(それも
今日はじめて知った)お嬢さんの気持ちがすごく分かるし、自分がやって
みて危険とかっていうこともなかったから…ということだそうです。

下のお嬢さんはパパのDNAを受け継いでぱっちり二重なんだけど、これ
またパパの遺伝なのか、一時期ニキビがひどかったそうで、その跡が赤ら顔、
みたいな状態で治らずにいるので、来週、皮膚科でインテンスパルスライト
という光による治療をはじめるそうです。

コスメや服は自分でバイトでもして何とかしなさいって言えるけど、さすが
に医療費は親持ちだからねぇ…ってため息ついてました。

でも、女の子ですからね、一重瞼も肌のトラブルも、やっぱり親としては
何とかしてあげたいものですよね。

赤ら顔でニキビ対策をするなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です