美容師あるある

私は高校を卒業してから、これまで美容室に務めています。
今年で八年目になりました。
年数を聞くと長く感じますが、まだまだ勉強中です。
時代も変わるので美容師は常に勉強が必要なのです。
今日は一般の人たちには分からない「美容師あるある」を書いてみようと思います。
こういう場なので普段は絶対に口に出すことのないような事も挙げてみます。
お客さんからは、美容師の人は毎日おしゃれに気を遣って、洋服代もすごそうだね。なんて事をよく言われます。
しかし私たちの仕事はカラー剤やパーマ液を絶えず使っているので、必ず汚れます。
けっこう気をつけていても絶対に汚れないことはできません。
なので意外とみんなは汚れても良い服を着ていたりします。
また同じアイテムを着まわして、極力少しのアイテムで色々なコーディネートができるように考えています。
お客さんに関してのことだと、よくいろんなネタが出てくるのがシャンプー時です。
何年も毎日のようにシャンプーボウルに浮かぶ頭を見ているので、私たちはその人の頭の大きさが一目で分かります。
あと、フェイスラインが出ているのでニキビがひどい人なんかも目につきます。
おばあちゃんくらいの世代の方だと思わぬところに毛が生えていたりして面白いです。
この前はほっぺたと口の間くらいにナマズのように一本だけピヨンと毛が生えているのを見つけました。
あとびっくりしたのが耳の産毛です。
私は毛が薄い方なのであまり知りませんでしたが、濃い方だと耳たぶ周りにふさふさ生えているんですね。
思わず目がいってしまいました。
よくありがちなのがシャンプー中にお顔にかけているフェイスガーゼを口でもごもご動かす人。
シャンプーしてると振動でどうしてもちょっとずつズレていくんですよね。
私たちも気をつけているのであまりにもズレたら直しますが、たまにご自分で直される方いるんですよね。
私も学生時代やったことがあります。
でもあれ私たち美容師には丸見えなんですよ。
よく考えれば分かることなのですが、当人には見えてないので気づかない人もいるんでしょう。
特に学生さんとかに多いですね。
結構面白い光景になってますよ。
こんな感じで楽しい美容師人生、まだまだ頑張ります。
フェイスライン ニキビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です