主婦のスイッチを入れてくれるファンデーション

先週、実家に帰って、はたと気が付いたことがあります。
私の母は、毎日必ずきちんとお化粧をしている、ということ。
私はここ数年、ほとんどスッピンで過ごしています。

以前、働いていた時はウィークデーは一応お化粧して出勤していましたが、
休みの日にはスッピンでした。

母に言わせると、主婦やってたら、お休みの日だって近所の人が回覧板を
持ってくるかもしれないし、宅急便が届くかもしれないわけだから、朝
起きたら顔を洗って着替えて、一応のお化粧はしておくのが身だしなみと
いうものだ、とのこと。確かにそうかも。

そういえば、母はいつも晩御飯が終わって、お皿を片付けて、寝る直前に
お風呂に入るまでお化粧を落としません。

母にとってはお化粧をして主婦業スイッチオン、寝る前にお化粧を落として
オフ、ということなのかもしれません。

今は専業主婦の私、母のように主婦として「毎日の身だしなみとしてのお化粧」
ってしたほうがいいのかもしれないなって思いました。

でも、メイクするっていう習慣自体を失ってるから、あんまり手のかかる
メイクはしたくないし、と、ネットで物色して「ミネラルファンデーション」
というのを発見、早速申し込んでみました。

メイクの習慣がない=化粧落としの習慣もないわけで、このミネラルファンデーション
は、もしお化粧を落とさずに寝てしまっても大丈夫なくらいに肌に優しい、と
いうのが決め手でした。

思い返してみると、お化粧すると確かに気持ちがしゃんとする部分がありました。
これからは毎日主婦スイッチがきちんと入って、家事にも力が入るかな?

ミネラルファンデーション体験ガイドはこちら

実は、いろいろと変えるポイントがあります。

化粧崩れを防ぐためには、下地を崩れない化粧下地に変えてみる、こまめに化粧直しする、ファンデーションを変えてみるなど、様々な方法がありますよね。
でも、実は、洗顔を変えてみることも、化粧直しを防げる対策の一つなのです。化粧崩れをしやすい人ほど洗顔が大好きといった説もあるほど、化粧崩れと洗顔には密接な関係があります。化粧崩れが気になる人は、洗顔を一度見直してみてはいかがでしょうか?

夏は、暑さのため、どうしても皮脂や汗の量が増えてしまいます。そのため、洗顔も皮脂を十分に洗い流そうと思うあまり、いつも以上に念入りに洗いがち。けれど、それが大きな間違いなのです。皮脂をとりすぎてしまうと、肌は、足りない油分を補おうと、逆に皮脂を多く分泌してしまうのです。
もし、起きた時の肌がとてもべたついているといった状態でないのなら、ぬるま湯で丁寧にすすぐだけで皮脂を落とすには十分だと思います。ぬるま湯で皮脂等の汚れは、6割から7割落ちるといわれています。もちろん、肌質によっても違ってきますので、それだけでは肌がべたつく人は、ぬるま湯で肌をすすいだ後、せっけん泡で優しく洗顔することをおすすめします。どちらにせよ、洗顔後、ほどよくしっとりした肌になっていなければ、それは、皮脂を落とし過ぎているのです。

化粧崩れを防ぐには、皮脂の量をコントロールすることは欠かせません。自分にあった正しい洗顔をすることで、化粧が崩れにくい肌を目指しましょう。
化粧崩れしない下地

美肌は美人の素

色白は七難隠すと言いますが、本当に美肌の方って綺麗に見えるんですよね。
女の子ってお化粧する時に、目を大きく見せる為にビューラーでまつげ上げてマスカラ何度も塗って、時にはつけまつげをつけて、アイシャドウやアイラインの引き方にもすごくこだわってる子が多いと思うのですが、男性から美人に見えるのに重要なのは「肌が綺麗なこと」それに次いで「髪が綺麗なこと」だそうです。
Continue Reading…