体質は日々変わる

女性は体質が変わる時が何回か有ります。
まず、日常的に変わるのが、生理が毎月やってくるからです。

なので、思春期を迎えて閉経を迎えるまでは一ヶ月のサイクルで日常的に体質が変わります。これは致し方ないことですね。
そして、がらりと大きく変化するのは、前述したように思春期の初潮と閉経の時もまたそうです。

そして、妊娠、出産でもまた大きな変化が出るのです。

これは驚きなことで、便秘症から急に快便になったり、敏感肌になったり、髪が天然パーマだったのが直毛に変わった、という人もいます。女性ホルモンの分泌が原因だと言われていますが、ここまで大きく変わると驚きですね。

この変化に合わせて、女性は化粧品などを徐々に変えて行きます。でも、意外と盲点なのが日焼け止め。これはずっと同じモノを使っている、という人も多いかと思います。

でも、日々変化している女性の肌を思えば、同じものをずっと使い続けると言うのもおかしいのかもしれません。肌に直接つけるものですからね。

私の周りでは、出産した女性は日焼け止めをノンケミカルに変えたりしていますが、それも劇的な肌の変化が有ったから変えざるを得なかっただけ。本当だったら、そうなる前に自分の肌と相談して、変えていく必要があるのかもしれません。

中々難しいことでは有りますが、それが後々の肌トラブルを防ぐことになりますからね。

私の唯一の自由時間と引き換えに

健康に関して色々調べているとき
やはり健康と美しさは切っても切れない関係のようです。

体に良いものを食べて新陳代謝を良いものにしないと
美肌への新陳代謝も促されません。

食生活に関しては、家族のぶんも含めてきっちり作るので
なるべく野菜中心の脂少なめ、栄養も逃さない方法を意識しています。

ただ、私の最も大きな課題は睡眠時間でした。
日中は家族のために動いているので、一人きりの時間を取れるのは夜中だけ。

22時〜2時までの間に代謝に必要なものが沢山分泌されているというのに
私はその時間帯が最も一人で遊べる時間帯。
パソコンいじって遊んでいるのです。

それが私の唯一のストレス解消だったのですが、その代償として
お肌は代謝が人よりも少なくなっているのかもしれません。

お化粧を毎日毛穴に詰め込んでしまっているので
きっちり落とさないと毛穴の黒ずみが残ってしまいます。
お風呂とメイク落としはきっちり丁寧にしているのですが
それでもイチゴ鼻が気になって仕方がないです。

夜中に起きて遊んでいたら代謝がうまくいかないとすると
キメが荒くなったり、毛穴が開いてしまったりするかもしれません。
加齢でお肌が気になり始めたら、夜中の遊びも少しは自制するかもしれません。

毛穴の洗顔を探すなら

冬場のUVケア

皆さんは、UVケアってどれぐらい気を遣っていらっしゃいますか? 

冬場は、スキーやスノボにでも行かない限り、わざわざ日焼け止めを使うことはないと思いますが、そろそろ春ですから、紫外線が気になる季節に入りますね。
それにしてもスキー場での「雪焼け」って、夏場の海水浴より強力ですよね。

はじめてスキーに行ったハタチくらいの時、無防備に何もせずにいて大変なメに遭っちゃいました(笑)。
もともと私は、ただ普通に街を歩いているだけなのに、夏場なんかには

「あれ、どっか行ってきたの?」

と言われちゃうぐらいに日に焼けやすい肌をしています。

別にトラブルになるわけでもなく、ただ日に焼けるだけなのであまり気に

していなかったのですが、ある時、敏感肌の友人に
「それ、ちゃんとケアしないと歳取ってからヤバイことになるよ」
とアドバイスされて、以来、春先から晩夏あたりまでは日焼け止めを使うようになりました。

その友人には
「当たり前だけど、UVカット率の高い日焼け止めは落ちにくいように
出来てるんだから、クレンジングもしっかりしなきゃダメだよ」
というフォローアドバイスももらっていて、専用のクレンジングを使ってきちんと落とすように心がけてます。

でも、ちょっと面倒ですよね。

面倒だと思っていたのは私だけじゃなかったようで、最近の時短ブームもあるのか、今、敏感肌でも使えるクレンジング不要の日焼け止めがあるの、ご存知ですか?
ラクでいいですよね。

私は単に「めんどくさい」というだけですが、たとえば、社会人であり、妻であり、母であり…と、一人三役、四役で忙しい女性にとっては、クレン
ジングのひと手間にかかる数分ですらとても貴重なものでしょうから、こういったものって本当に助かりますよね。

今日、友人から電話がありました。

数か月に一度ぐらい、大した話題でもないんだけど、お互いの近況や、
共通の趣味である絵画の話などで1時間ぐらいお喋りします。
直接会ってお喋りできればよいのですが、彼女の嫁ぎ先は九州…

さすがにめったに会えません。

仲間内のなかでも一番結婚が早かった彼女のお子さんは17歳と15歳、
二人ともお嬢さんです。

うわー、もう二人とも高校生なのかぁ、最近の子はメイクとかお洋服とか、
もうけっこうすごいんじゃないの? と聞いてみたら、なんとビックリ、
上のお嬢さんがこの間二重瞼にプチ整形したんですって!

高校生ではちょっと早いんじゃないのかなって思いましたが、彼女自身が
子供のころから一重瞼がイヤで数年前に施術していたんだそうで(それも
今日はじめて知った)お嬢さんの気持ちがすごく分かるし、自分がやって
みて危険とかっていうこともなかったから…ということだそうです。

下のお嬢さんはパパのDNAを受け継いでぱっちり二重なんだけど、これ
またパパの遺伝なのか、一時期ニキビがひどかったそうで、その跡が赤ら顔、
みたいな状態で治らずにいるので、来週、皮膚科でインテンスパルスライト
という光による治療をはじめるそうです。

コスメや服は自分でバイトでもして何とかしなさいって言えるけど、さすが
に医療費は親持ちだからねぇ…ってため息ついてました。

でも、女の子ですからね、一重瞼も肌のトラブルも、やっぱり親としては
何とかしてあげたいものですよね。

赤ら顔でニキビ対策をするなら

主婦のスイッチを入れてくれるファンデーション

先週、実家に帰って、はたと気が付いたことがあります。
私の母は、毎日必ずきちんとお化粧をしている、ということ。
私はここ数年、ほとんどスッピンで過ごしています。

以前、働いていた時はウィークデーは一応お化粧して出勤していましたが、
休みの日にはスッピンでした。

母に言わせると、主婦やってたら、お休みの日だって近所の人が回覧板を
持ってくるかもしれないし、宅急便が届くかもしれないわけだから、朝
起きたら顔を洗って着替えて、一応のお化粧はしておくのが身だしなみと
いうものだ、とのこと。確かにそうかも。

そういえば、母はいつも晩御飯が終わって、お皿を片付けて、寝る直前に
お風呂に入るまでお化粧を落としません。

母にとってはお化粧をして主婦業スイッチオン、寝る前にお化粧を落として
オフ、ということなのかもしれません。

今は専業主婦の私、母のように主婦として「毎日の身だしなみとしてのお化粧」
ってしたほうがいいのかもしれないなって思いました。

でも、メイクするっていう習慣自体を失ってるから、あんまり手のかかる
メイクはしたくないし、と、ネットで物色して「ミネラルファンデーション」
というのを発見、早速申し込んでみました。

メイクの習慣がない=化粧落としの習慣もないわけで、このミネラルファンデーション
は、もしお化粧を落とさずに寝てしまっても大丈夫なくらいに肌に優しい、と
いうのが決め手でした。

思い返してみると、お化粧すると確かに気持ちがしゃんとする部分がありました。
これからは毎日主婦スイッチがきちんと入って、家事にも力が入るかな?

ミネラルファンデーション体験ガイドはこちら

赤ら顔がコンプレックス

私は小さい頃、「ほっぺが赤くて可愛いね。」なんて言われることが多く、赤ら顔の意味もよく理解しておらず、可愛いという言葉に気を良くしていたのですが、思春期に入るくらいから赤ら顔がコンプレックスになりました。

特に冬は、寒い外から暖かい室内に入るとみるみる頬が赤くなるので、冬は外に出るのが億劫になります。またお酒を飲んだ時も少し酔ってきたなと感じる頃には、周りの人に心配されるくらいに顔が真っ赤になります。

そういうわけで元々お酒の強いほうではないこともあって、人前でお酒を飲むことも滅多にありません。そんな赤ら顔に悩む私でしたが、大人になってから色々と赤ら顔を治す方法を試していました。特に化粧品には気を遣うようになりました。少し敏感肌のようで、刺激の強い化粧品を使うと、顔の赤みが酷くなります。敏感肌用の化粧品を使うことで、化粧品による過剰な刺激は避けられると分かったので、今は敏感肌用の化粧品を毎日使っています。

一番好きな化粧品は、無印良品の敏感肌用シリーズです。敏感肌用ってドラッグストアなどで販売されている一般的な化粧品より値段が高いイメージでしたが、無印良品のものは低価格で惜しみなく使えるところが気に入っています。

赤ら顔を完全に治すことはできていませんが、前よりは目立たなくなった気がします。少しずつで良いので、赤ら顔を改善していけるように頑張ろうと思います。

赤ら顔を治す

美容師さんに勧められた炭酸ミストスプレー

私は、行きつけの美容室で炭酸ヘッドスパをしてもらうのが、最近のお気に入りです。そんな時、美容師さんに炭酸ヘッドスパが好きなら…と紹介されたのが、ソーダマジックの炭酸ミストスプレーでした。

炭酸の爽快感と同時に保湿と引き締め効果があると聞いて、試してみようと購入しました。
まず、洗顔後の化粧水として使用しました。炭酸のシュワっとする感じはありませんが、清涼感はあります。暑い季節は、ただの化粧水スプレーより良いと思います。また、保湿もそれなりにある感じで、引き締め効果は確かに感じられました。

なんとなく毛穴が目立たなくなった気がします。使い始めてしばらくすると、外でもメイク直しの際に使うようになりました。汗でメイクが崩れた時も、炭酸ミストスプレーの心地よい清涼感でスッキリし、メイク直しが楽になりました。
価格も買い易いし、暑い季節は使い続けてみようかと思います。私の場合、室内より外に持ち歩いて使うほうが、炭酸の効果を感じられて好きです。

本当は髪の毛にも使いたいと思うのですが、勿体ない気がして使うのを躊躇してしまいます。
肌用としては妥当な価格かと思いますが、髪の毛にも惜しみなく使うためにはもう少し安いと嬉しいところです。
炭酸ミストスプレー

美容師あるある

私は高校を卒業してから、これまで美容室に務めています。
今年で八年目になりました。
年数を聞くと長く感じますが、まだまだ勉強中です。
時代も変わるので美容師は常に勉強が必要なのです。
今日は一般の人たちには分からない「美容師あるある」を書いてみようと思います。
こういう場なので普段は絶対に口に出すことのないような事も挙げてみます。
お客さんからは、美容師の人は毎日おしゃれに気を遣って、洋服代もすごそうだね。なんて事をよく言われます。
しかし私たちの仕事はカラー剤やパーマ液を絶えず使っているので、必ず汚れます。
けっこう気をつけていても絶対に汚れないことはできません。
なので意外とみんなは汚れても良い服を着ていたりします。
また同じアイテムを着まわして、極力少しのアイテムで色々なコーディネートができるように考えています。
お客さんに関してのことだと、よくいろんなネタが出てくるのがシャンプー時です。
何年も毎日のようにシャンプーボウルに浮かぶ頭を見ているので、私たちはその人の頭の大きさが一目で分かります。
あと、フェイスラインが出ているのでニキビがひどい人なんかも目につきます。
おばあちゃんくらいの世代の方だと思わぬところに毛が生えていたりして面白いです。
この前はほっぺたと口の間くらいにナマズのように一本だけピヨンと毛が生えているのを見つけました。
あとびっくりしたのが耳の産毛です。
私は毛が薄い方なのであまり知りませんでしたが、濃い方だと耳たぶ周りにふさふさ生えているんですね。
思わず目がいってしまいました。
よくありがちなのがシャンプー中にお顔にかけているフェイスガーゼを口でもごもご動かす人。
シャンプーしてると振動でどうしてもちょっとずつズレていくんですよね。
私たちも気をつけているのであまりにもズレたら直しますが、たまにご自分で直される方いるんですよね。
私も学生時代やったことがあります。
でもあれ私たち美容師には丸見えなんですよ。
よく考えれば分かることなのですが、当人には見えてないので気づかない人もいるんでしょう。
特に学生さんとかに多いですね。
結構面白い光景になってますよ。
こんな感じで楽しい美容師人生、まだまだ頑張ります。
フェイスライン ニキビ

家族旅行

先日、少し早めのお盆休みをいただき、温泉旅行に行ってきました。
私はいつも平日休みなのでなかなか家族や友達と予定が合わず、旅行なんて本当に久しぶりでした。
特にいつも友達との予定を優先してしまうので家族と過ごすことは本当に少ないです。
なので今回は久々に母親と出かけることにしました。
親孝行というわけではありませんが、母の行きたいところにしたいと思い聞いたところ温泉とのことでした。
しかし、正直私はあまり温泉が好きではありません。
というのも、まず人が多いところが苦手なのです。
その上、特にゆっくりしたい入浴タイムを他人と共有する場所なんてと、今まで避けてきました。
ただ最近では貸し切りのところも少なくなく、貸し切り付きという条件で温泉に行くことにしました。
そんな私なので温泉は小さい頃以来でした。
大人になって初めてということです。
久々の温泉は…のぼせてしまいました。
露天の貸し切りだったのですが温度が高めになっていて、元々熱いお風呂が苦手なのもあり、長くは浸かっていられませんでした。
でも、温泉って本当に肌がツルツルになりますよね。
不思議です。
最近では化粧水に温泉水が使われているのもありますね。
ぜひ使ってみたいと思いました。
温泉の後は美味しい料理をいただき、少しだけお酒を飲み、就寝しました。
それだけのことですが、母は喜んでくれたので良かったです。
また予定が合えば色々なところに連れて行ってあげたいと思います。

気になるテカリは日頃のスキンケアで

夏に向かって、お肌が気になる季節になってきました。
紫外線による日焼け止め…
汗ばむことによる顔のテカリ…。
冬より夏のほうが、汗と混じって特に顔のテカリが気になります。

テカリの原因は毛穴から分泌される皮脂なので、
テカリ防止に役立つのは皮脂を取り除くことです。
‥が、皮脂を完全に取ってしまうことはよくありません。

皮脂を根こそぎ取ってしまうと
今度は身体が焦って危険信号を出してしまい、
更に多くの皮脂を分泌させてしまうんです。

そのため、ごっそり皮脂を落とすクレンジングよりも
潤いを与えてくれるような洗顔方法をしてください。

また、どうしても顔のテカリ防止のために
化粧はパウダーファンデーションを使う方も多いと思いますが
気になったら上塗り、気になったら上塗り…を繰り返すのも
決してよくはありません。
今度は毛穴が詰まって肌が呼吸できなくなってしまい、
それを押し出そうと皮脂が分泌されていくのです。

「じゃあどうすればいいの?」という話になってきますが、
テカリ防止に役立つ方法は、ズバリ普段のスキンケア!
正しいスキンケアを行うことで、肌質は随分と改善されます。

例えば、先程も述べたように「保湿のある化粧品」を使いましょう。
化粧水も保湿力のあるもの、
クレンジングも大事な脂まで取らないもの…などです。

どうしてもさっぱり効果のある化粧品を選びがちになりますが、
それではいつまでたっても顔のテカリは改善されません。
正しい方法で、肌に優しいスキンケアを行ってくださいね。
顔 テカリ防止